一休和尚の「道」を書道家の友人に書いて頂き、文字を和皿に加工